報道資料

報道資料

投稿を読む
件名2021年第1四半期の中大型OLEDの実績と展望2021-06-11 15:14
作成者

UBIリサーチが10インチ以上の中大型OLED市場実績に関するマーケットトラックを発刊した。 応用製品として、テレビやモニター、ノートパソコン、tablet PC などがある。

UBIリサーチの中大型OLEDマーケットトラックによると、第1四半期の総売上高は14.6億ドルとで前四半期(QoQ)に比べると16.9%、前年同期(YoY)と比べると156.3%増となっている。



1四半期上高の加理由はTV用大型OLEDパネルとノトパソコン用のOLED上高に大に起因する。TVOLEDパネルは1四半期に160万台がれ、代最高の績を達成した。ノトパソコン用OLEDも今年から出荷量が急している。

トパソコンは、アイコンが多くのがOLEDの最大の短所にげられているイメジスティキンにする憂慮が最も高い製品だ。しかし、三星ディスプレイはスマトフォンから積んできた製造技術としてOLEDの短所を完全に克服したノトパソコン用OLEDを開して2020年からプロモションを進めてきた。2020年ノトパソコン用OLED売実績は80万台に過ぎなかったが、20211四半期に110万台出荷を達成した。三星ディスプレイはスマトフォンにき、IT製品にも次第に事業領域を大している。

1四半期売上高の割合を見ると、TVOLED81.6%を占めており、ノートパソコン用OLED8.3%に急増した。