報道資料

報道資料

글보기
제목サムスンディスプレイ2021年第4四半期のQD-OLED量産開始2021-08-09 17:10
작성자

サムスンディスプレイ2021年第4四半期のQD-OLED量産開始、大型OLED市場の新たな成長の機

サムスンディスプレイが2021年第4四半期から本格的にQD-OLED量産に突入する予定だ。量産規模は8.5世代30K /月であり、65インチの4K解像度のパネルを中心に量産されると予想される。 8.5世代から65インチパネルは3枚の生産可能なため、年間100万台程度のパネルが量産されるものと思われる。

過去2020年の後半に行われた決算セミナで劉備リサチは、サムスンディスプレイのQD-OLED2021年に20万台、2022年に60万台、2025年に80万台生産されると予想した。ただし、サムスンディスプレイが第2四半期のカンファレンスコルでQDディスプレイがTVよりも小さいモニタ製品も披露こと明らかにしただけに、製品の比重にじて生産量はわると思われる。

4四半期から量産に突入すれば、QD-OLED TV2022年に米ラスベガスで開催されるCES 2022の展示で初公開され、前半程度に製品が正式発売されると予想される。

サムスンディスプレイのチェジュソン社長は、最近刊した持可能な経営報告書で「QDディスプレイが用化されると、長い間低迷した大型ディスプレイ産業に新たな成長の機が作られるだろう」と調した。

サムスンディスプレイのQD-OLED量産がLGディスプレイで主導している大型OLED市場でどのような影響力をえる成り行きが注目される。


 

< QD-OLEDの予想構造, Source: UBI Research>