報道資料

報道資料

投稿を読む
件名フォルダブル用カバーウィンドウ市場の見通し2021-04-02 13:19
作成者

lexible OLEDとfoldable OLEDの最大の違いは、カバーウィンドウ素材である。価格競争力の面では、サプライヤーが、様々なCPIが優位にあるが、最終的には、今後のカバーウィンドウ市場は、サムスン電子とAppleがどの素材を選択するかによって決定されるものと思われる。

サムスンディスプレイは、今年、サムスン電子と他の中国の香りにUTG(Ultra Thin Glass)が使用されたフォルダブルOLEDだけ供給する予定であり、今後もUTGをメインカバーウィンドウ素材として採用することが予想される。

BOEやCSOTは、現在、透明PIをメインにしているが、UTG関連ガラス加​​工メーカーと継続的に協力し、技術力を確保している。これにより、ユビキタスリサーチ部品素材マーケットトラックによると、結果的には、今後のフォルダブルヨンカバーウィンドウ市場はUTGが80%水準のシェアを占めるとみられ、透明PIは、低価格と10インチサイズ以上の製品にも適用が容易であるという点で普及モデルやタブレット、ノートパソコンのモデルに適用されるものと予想される。

 

Source: 1Q21 Quarterly AMOLED Materials and Components Market track, UBI Research


 

Source: 1Q21 Quarterly AMOLED Materials and Components Market track, UBI Research