報道資料

報道資料

投稿を読む
件名2021年上半期にリリースされOLEDスマートフォン6インチの割合97.5%を占め2021-07-21 12:49
作成者

2021年上半期に発売された122個のOLEDスマトフォン中、6インチ台のスマトフォンが119発売され97.5%という倒的なシェアを占めている。これは2018年にリリスされた6インチのスマトフォンが全体の中で78%のシェアを占めたものと比較すると、わずか3年もたない時点で、スマトフォン市場の主流に位置だ。5インチ大のモデルは、1つ、8インチのモデルは、2つのリリスされ、7インチのモデルは発売されなかった。5インチモデルは、AsusZenfone88インチモデルは、XiaomiMi Mix FoldHuaweiMate X2である。


ディスプレイデザイン別holeモデルが103社で最も多く発売されており、notchモデルが13個、narrow bezelモデルが6いた。2020年と同home buttonが入った製品は、発売されなかった。

解像度別分布を見ると、400500ppiの製品が6452.5%のシェアを占めており、400ppiの製品は、48個、500ppi以上の製品は、10個の製品が発売されました。最も高い解像度の製品は、643ppiを記したSONYXperia1 IIであった。

 

スマトフォンサイズ比ディスプレイの比率であるD.Adisplay area)は、8090%にする製品は、88.5%の割合を占め、90%以上は11.5%、80%未の製品は発売されなかった。これは、ホムボタンがなくなってフルスクリンの形のスマトフォンが継続的にリリスされた結果と分析される。D.Aが最も高い製品は、94.1%でHuaweiMate40 Pro4Gが占め、2位はHuaweiNova8 pro3位はHonorView40が占めた。

最後に、別、中104社で最も多く、韓12個、台4個、日本とドイツはそれぞれ1つずつ表しました。