청색인광

Showing all 2 results

  • 2022 OLED 発光材料 レポート

    6,000,000

    2022年 5月 18日

    今回の「2022年OLED発光材料レポート」ではパネル企業のライン別現況と今後の計画を細かく扱い、年間基板面積を小型と中大型に区分して図式化した。 OLED産業イシューの分析では、韓国と中国パネル企業のIT用ライン投資現況と今後の予想とサムスンディスプレイのQD-OLED現状況と今後の投資シナリオ、iPhone用パネル供給業者の多様化の可能性などを分析した。 IT用ラインの投資では、今後RGB 2stack OLED用発光材料市場とレイヤー別の厚さも含めた。
    発光材料業者別の事業動向では、最近3年間の材料業者別の実績に対する増減理由を分析し、主要中国発光材料業者の現況を要約した。
    2022年から2026年までの発光材料市場と需要量展望はOLED発光材料企業等が今後の市場に対する戦略を立てるのに役立つだろう。

    PDF(137P)
  • 2021 OLED 発光材料 レポート

    6,000,000

    2021年 5月 6日

    今回発刊した「2021OLED発光材料レポート」では青色燐光の商用化可能性と青色燐光と次世代青色発光材料との競争力など、青色燐光材料の開発動向を重点的に分析した。
    パネル企業別サプライチェーンと構造、2020年OLED発光材料の市場占有率析、OLED発光材料の実績と展望などを分析したため、OLED発光材料関連企業が今後の市場に対応するための戦略を立てることに役立つでになるだろう。

    PDF(185P)