HOME K マーケットトラック K Category: 中大型 ディスプレイ

中大型 ディスプレイ

Showing 1–10 of 64 results

  • 4Q 2022, OLED Emitting Material Market Track

    6,000,000

    2022年 11月 24日

    4四半期のOLED Emitting Material Market TrackではOLED発光層と共通層別の売上高と販売量を調査した。発光材料の全体市場を把握し、国別、パネル業者別、応用製品別、layer別、OLED Method(RGB、WRGB、QD-OLED)別に分けて実績を分析した。 3年間の四半期別実績を整理し、また今後5年間、業者別発光材料使用量と売上高を予測し、2027年までのマーケット情報を展望した。

    EXCEL
  • 4Q 2022, Medium & Large OLED Display Market Track

    5,000,000

    2022年 11月 21日

    4四半期のMedium & Large OLED Display Market Trackでは10インチ以上の中大型OLED Displayに対するOLED生産キャパの現況を分析し、主要パネル業者別のAutomotive、Note PC、Monitor、TVなどを主要製品群に対する四半期別出荷量と売上実績を調査した。
    サムスンディスプレイがQD-OLED量産半年ぶりに収率80%技術を確保し、サムスン電子がQD-OLEDテレビを販売したことで大型OLED市場が拡大した。 アプリケーション別ASPやOLED需要と供給など、5年以降の市場展望値を分析した。

    EXCEL
  • 4Q 2022, Small OLED Display Market Track

    10,000,000

    2022年 11月 21日

    4四半期のSmall OLED Display Market Trackでは10インチ以下の小型OLED Displayに対するOLED生産キャパの現況を分析し、主要パネル業者別、国別、世代別、基板別、TFT技術別、応用製品別(Watch、Smartphone、Foldable phone)などを主要製品群に対する細部的な四半期別売上額と出荷量を調査した。アプリケーション別ASPとOLED需要/供給を分析し、今後5年以降2027年までに小型OLED Displayの市場展望を分析した。

    EXCEL
  • 2022中大型OLEDディスプレイ半期レポート

    6,000,000

    2022年 10月 18日

    今回の「2022中大型OLEDディスプレイ半期レポート」は10インチ以上の中大型OLED産業分析とパネルメーカー別の事業現状を整理、今後の市場展望を収録したレポートである。今回のレポートでは、各パネルメーカーらのIT用ラインの現状と今後の投資展望を詳しく報じており、LGディスプレイの坡州(パジュ)とGuangzhouラインの現況、三星ディスプレーのQD-OLEDキャパ拡大に向けた技術開発と補完投資内容を整理した。また、2022年上半期まで発売されたnotebookとtablet PC、monitorなどのIT製品とOLED TVのトレンドを分析しており、各パネルメーカーが展示した中大型OLED製品を整理した。最後に、2027年までOLED全体市場とパネルメーカー別、応用製品別の市場を展望するため、本レポートは今後OLED関連技術や素材、装備の市場に対応するためのビジネス戦略を立て直す上で重要なガイドラインになるだろう

    PDF(105P)
  • 2022小型OLEDディスプレイ半期レポート

    8,000,000

    2022年 10月 17日

    今回の「2022小型OLEDディスプレイ半期レポート」は10インチ以下の小型OLED産業分析とパネルメーカー別事業現況を整理、今後の市場展望を収録した。今回のレポートでは、最近話題になっている韓国と中国パネル企業のmicro OLED関連開発動向と中国内の第6世代flexible OLEDのライン再編の可能性など、イシューになっている状況を詳しく扱った。また、各パネルメーカーのフォルダブルOLED開発動向と生産ライン別の現況を分析し、2027年までにOLED全体市場とパネル業者別、応用製品別、国別市場を展望して今後の小型OLED産業の流れを把握した。

    PDF(185P)
  • 3Q 2022, OLED Components & Material Market Track

    5,000,000

    2022年 9月 7日

    3四半期のOLED Components & Material Market Trackでは、Substrate、TFT、Encapsulation、Touchsensor、Polarizer、Adhesive、Coverwindow、Moduleを8つに分けて四半期別市場を調査し、業者別、Application別(TV、Mobile)でmarket shareを分析した。
    また、今後2026年までの部品素材別供給量と市場を予測した。

    EXCEL
  • 3Q 2022, Medium & Large OLED Display Market Track

    5,000,000

    2022年 9月 1日

    3四半期のMedium & Large OLED Display Market Trackでは10インチ以上の中大型OLED Displayに対するOLED生産キャパの現況を分析し、主要パネル業者別のAutomotive、Note PC、Monitor、TVなどを主要製品群に対する四半期別出荷量と売上実績を調査した。
    サムスンディスプレイがQD-OLED量産半年ぶりに収率80%技術を確保し、サムスン電子がQD-OLEDテレビを販売したことで大型OLED市場が拡大した。 アプリケーション別ASPやOLED需要と供給など、5年以降の市場展望値を分析した。

    EXCEL
  • 3Q 2022, Small OLED Display Market Track

    10,000,000

    2022年 9月 1日

    3四半期のSmall OLED Display Market Trackでは10インチ以下の小型OLED Displayに対するOLED生産キャパの現況を分析し、主要パネル業者別、国別、世代別、基板別、TFT技術別、応用製品別(Watch、Smartphone、Foldable phone)などを主要製品群に対する細部的な四半期別売上額と出荷量を調査した。アプリケーション別ASPとOLED需要/供給を分析し、今後5年以降2026年までに小型OLED Displayの市場展望を分析した。

    EXCEL
  • 2022 OLED, QD-LEDの最新技術開発動向レポート

    5,000,000

    2022年 8月 26日

    スマートフォンやTVのプレミアム製品に使われている有機EL(OLED)はノートパソコンとモニター分野まで市場を広げている。
    しかし、スマートフォンには進化が続き、フォルダブルフォン時代が来た。さらにUPC (under display camera)技術を採用し、カメラ用の穴がなくなったフルディスプレイが誕生した。フォルダブルOLEDやフルディスプレイを作るためには有機ELを構成している様々の部品と材料の特性改善や有機ELパネル自体の構造変形が必要である。
    TV用の大型有機ELでも色んな新しい技術が導入されている。ローラブルディスプレイや高輝度TVを作るための構造変形と高性能の発光材が使われている。
    それにもかかわらず、人にやさしく、便利になるために有機ELは続いて進化している。
    今回発刊した「OLED, QD-LEDの最新技術開発動向」レポートには進化中の有機ELの現状と今後の進化方向が見える最新技術動向を収録した。
    また、有機ELを続いて次世代ディスプレイ技術と呼ばれているQD-LEDに関する最新技術動向もこのレポートに入れた。QD 自体が発光するLED であれば色域の広い自発光のデバイスとなり、更に solution process が可能であるために製造コストが低減できることから、次世代のデバイスとして期待が高まっている。

    PDF(214P)
  • 3Q 2022, OLED Emitting Material Market Track

    6,000,000

    2022年 8月 25日

    3四半期のOLED Emitting Material Market TrackではOLED発光層と共通層別の売上高と販売量を調査した。発光材料の全体市場を把握し、国別、パネル業者別、応用製品別、layer別、OLED Method(RGB、WRGB、QD-OLED)別に分けて実績を分析した。 3年間の四半期別実績を整理し、また今後5年間、業者別発光材料使用量と売上高を予測し、2026年までのマーケット情報を展望した。

    EXCEL