HOME K スペシャルレポート K Category: Mini LED

Mini LED

Showing 1–10 of 54 results

  • 2022 OLED部品素材レポート

    2022 OLED部品素材レポート

    5,000,000

    2022年 7月 28日

    今回の「2022 OLED部品素材レポート」では最新OLED産業イシュー分析とフォルダブル機器用部品素材の開発と産業現況、OLEDパネル業者量産キャパ分析、主要部品素材市場展望などについて扱った。
    OLED産業イシュー分析では中国素材業者の内需化の動き、IT用ライン投資現況、Micro OLED投資動向について収録し、フォルダブル機器の開発動向では今年発売される「Galaxy Z Fold 4」用フォルダブルOLED構造とApple向けフォルダブルlaptop開発動向を分析した。
    OLED主要開発現況ではpol-less技術の今後のロードマップを展望し、タッチ感度向上のための素材業者の低誘電率材料開発動向を整理した。
    OLEDパネル業者別ライン現況ではライン別にパネル業者等の細部的な現況を収録し、部品素材業者等がパネル業者等の量産キャパと今後の計画情報が分かるように整理した。

    PDF(140P)
  • 2Q 2022, OLED Components & Material Market Track

    5,000,000

    2022年 6月 10日

    2四半期のOLED Components & Material Market Trackでは、Substrate、TFT、Encapsulation、Touchsensor、Polarizer、Adhesive、Coverwindow、Moduleを8つに分けて四半期別市場を調査し、業者別、Application別(TV、Mobile)でmarket shareを分析した。
    また、今後2026年までの部品素材別供給量と市場を予測した。

    EXCEL
  • 2Q 2022, OLED Emitting Material Market Track

    6,000,000

    2022年 6月 10日

    2四半期のOLED Emitting Material Market TrackではOLED発光層と共通層別の売上高と販売量を調査した。発光材料の全体市場を把握し、国別、パネル業者別、応用製品別、layer別、OLED Method(RGB、WRGB、QD-OLED)別に分けて実績を分析した。 3年間の四半期別実績を整理し、また今後5年間、業者別発光材料使用量と売上高を予測し、2026年までのマーケット情報を展望した。

    EXCEL
  • 2Q 2022, Medium & Large OLED Display Market Track

    5,000,000

    2022年 6月 10日

    2四半期のMedium & Large OLED Display Market Trackでは10インチ以上の中大型OLED Displayに対するOLED生産キャパの現況を分析し、主要パネル業者別のAutomotive、Note PC、Monitor、TVなどを主要製品群に対する四半期別出荷量と売上実績を調査した。
    サムスンディスプレイがQD-OLED量産半年ぶりに収率80%技術を確保し、サムスン電子がQD-OLEDテレビを販売したことで大型OLED市場が拡大した。 アプリケーション別ASPやOLED需要と供給など、5年以降の市場展望値を分析した。

    EXCEL
  • 2Q 2022, Small OLED Display Market Track

    10,000,000

    2022年 6月 10日

    2四半期のSmall OLED Display Market Trackでは10インチ以下の小型OLED Displayに対するOLED生産キャパの現況を分析し、主要パネル業者別、国別、世代別、基板別、TFT技術別、応用製品別(Watch、Smartphone、Foldable phone)などを主要製品群に対する細部的な四半期別売上額と出荷量を調査した。アプリケーション別ASPとOLED需要/供給を分析し、今後5年以降2026年までに小型OLED Displayの市場展望を分析した。

    EXCEL
  • 2022 OLED 発光材料 レポート

    6,000,000

    2022年 5月 18日

    今回の「2022年OLED発光材料レポート」ではパネル企業のライン別現況と今後の計画を細かく扱い、年間基板面積を小型と中大型に区分して図式化した。 OLED産業イシューの分析では、韓国と中国パネル企業のIT用ライン投資現況と今後の予想とサムスンディスプレイのQD-OLED現状況と今後の投資シナリオ、iPhone用パネル供給業者の多様化の可能性などを分析した。 IT用ラインの投資では、今後RGB 2stack OLED用発光材料市場とレイヤー別の厚さも含めた。
    発光材料業者別の事業動向では、最近3年間の材料業者別の実績に対する増減理由を分析し、主要中国発光材料業者の現況を要約した。
    2022年から2026年までの発光材料市場と需要量展望はOLED発光材料企業等が今後の市場に対する戦略を立てるのに役立つだろう。

    PDF(137P)
  • 2022年 マイクロディスプレイ技術レポート

    5,000,000

    2022年 3月 22日

    携帯電話がスマートフォンに進化するにつれて始まったスマート時代が再び進化を予告している。まさにスマートフォン機能がメガネ型のAR Glassへの進化だ。
    スマートフォンは手やバッグ、ポケットに持ち運べる機器であるためモバイルデバイスとして分類されるが、AR Glassは顔に着用する機器であるためウェアラブルデバイスとして分類される。
    AR Glassは眼鏡と同様に透明なガラスが前面にあり、表示したい情報もこのガラスに像が結ばれる。したがって、ユーザーは歩きながら情報をすぐに見ることができる利点がある。さらに、透明なガラスを通して見えるものに重ねて複数の情報を表示することができ、これまでの情報機器とは異なる新しい経験を感じさせる。
    AR Glassを構成するマイクロディスプレイとしては、シリコン基板に液晶またはOLEDが置かれているLCoS(liquid crystal on Silicon)とOLEDoS(OLED on silicon)、そしてmicro-LED、MEMSなどがある。
    また、VR機器はメタバス時代に不可欠なデバイスとして位置づけられている。 VRデバイスは、ゲームや映画をこれまでに存在していたどのデバイスよりも臨場感のある経験を提供する。 VR用ディスプレイもマイクロディスプレイが主に使用されている。
    これに伴い、AppleとMeta、Google、Sonyなど世界最高のIT企業が先立ち、AR GlassとVR機器の開発と商品化に拍車をかけている。
    スマートフォンとゲーム機を置き換える新しいデバイスであるAR GlassとVR機器用マイクロディスプレイは、今後の情報機器を置き換えるゲームチェンチャーとして数年以内に位置づけるだろう。
    今回のマイクロディスプレイレポートでは、AR GlassとVR機器開発業者の製品動向と、ARとVRの核心部品であるマイクロディスプレイの現在の開発状況を綿密に調査し、技術的進歩と問題点などを詳細に分析した。

    PDF(116p)
  • 1Q 2022, OLED Components & Material Market Track

    5,000,000

    2022年 3月 14日

    This quarterly parts and materials market track report selected 20 major OLED parts and materials companies to conduct market research.
    Substrate, TFT, Encapsulation, Touch sensor, Polarizer, Adhesive, Cover window, Module 8 categories were classified into the quarterly market, and market shares were analyzed by company and application (TV, Mobile).
    In addition, it predicted the supply volume and market by parts and materials until 2025. The Market Track Quarterly Report provides necessary information to industry leaders leading the OLED industry.

    EXCEL
  • 1Q 2022, OLED Emitting Material Market Track

    6,000,000

    2022年 3月 14日

    この四半期発光材料マーケットトラックレポートはOLED発光材料の市場を調査/分析した。
    発光材料layer星、企業別実績を分析し、発光層と共通フロアの売上高を調査して発光材料の市場全体と各layer別に区分し、OLED Method(RGB、WRGB、QD-OLED)ごとに分けて市場を展望した。
    また、今後5年間、企業別発光材料の使用量と売上高を予測してOLED2025年までの市場情報を予測した。マーケットトラック四半期報告書は、OLED産業をリーダー業界従事者に必要な情報を提供してあげる。

    EXCEL
  • 1Q 2022, Medium & Large OLED Display Market Track

    5,000,000

    2022年 3月 14日

    This market Track starts with the status of OLED production capacity, which is very important to all companies across the industry, for medium and large OLED displays of 10 inches or more.
    We provide shipments and sales performance by panel maker and application. In addition, detailed quarterly shipments, sales performance, ASP and OLED demand/supply analysis by application, and market forecast analysis data for the next five years are also provided for major product lines such as Automotive, Note PC, Monitor, and TV.

    EXCEL