보고서 & 마켓트랙

2021 OLED部品素材レポート

5,000,000

2021年 7月 16日

PDF(115P)

レポートご紹介

今回の報告書では、OLED最新の開発動向の分析と主要パネルメーカー別のフォルダブルOLED開発動向、TV用部品素材の開発動向などを手がけた。
OLED最新の開発動向分析では、LTPO TFTと高屈折CPL、micro lens array、pol-lessなどのモバイル機器の低消費電力駆動技術を分析し、さらに今年「Galaxy Z Fold3」に適用されるものと見られるunder panel cameraの開発動向も収録した。
主要パネルメーカーのフォルダブルOLEDの開発動向の部分では、各パネルメーカーのフォルダブル開発ロードマップと開発動向、展示内容等を収録した。
展示動向では、6月末に中国で行われたDIC2021展示内容まで扱ったため、展示会や関連イベントに出席していなかった企業に多くの助けになるものと予想される。
TVの部分では、QD-OLEDの開発動向と関連サプライチェーン、TV用oxide TFTの開発動向を扱った。

目次
1.重要な要約

2.OLEDの最新の開発動向分析
2.1 概要
2.2 LTPO TFT
2.3 高屈折CPL
2.4 Micro Lens Array
2.5 Pol-less
2.6 Under Panel Camera

3.フォルダブル機器用部品素材の開発と産業の現況
3.1 フォルダブル機器の開発動向
3.2 フォルダブル機器用OLED構造解析
3.3 パネルメーカー別のフォルダブルOLED事業と展示動向
3.4 Ultra Thin Glass
3.5 Colorless PI
3.6 Low Reflection Film

4.TV用部品素材の開発と産業の現況
4.1 QD-OLED
4.2 Oxide TFT

5.OLEDパネルメーカーの量産キャパ分析と展望
5.1 年間全体の基板面積見通し
5.2 小型OLED年間基板面積見通し
5.3 中大型OLED年間基板面積見通し

6.OLED 出荷量見通し
6.1 OLED全体出荷量
6.2 応用製品別出荷量
6.3 スマートフォン用OLED出荷量

7.主要部品素材市場の見通し
7.1 概要
7.2 市場全体
7.3 基板
7.4 TFT
7.5 Encapsulation
7.6 タッチセンサー
7.7 偏光板
7.8 Adhesive
7.9 カバーウィンドウ
7.10 Driver IC & COF
7.11 複合シート
7.12 工程用フィルム

レポートサンプル

이전 보고서 현황