스페셜 보고서

Mini-LED BLU技術とMini-LED TV市場レポート

6,000,000

2021年 1月 15日

PDF(95P)
pdf

レポートご紹介

LCDがさらに進化した製品が出現する。BLUにQD filmとmini-LEDが添加されて輝度とHDR、色再現性を大幅に向上させたLCDである。既存の最上位LCDはlocal dimming zoneが300〜500程度であるFALD(full array local dimming)BLUを使用した。

Mini-LEDを使用してlocal dimming zoneが3,000以上に多くなると、FALD BLU LCD TVよりコントラスト比が大幅に改善されてhalo effectは減る。OLEDと並ぶ性能を実現するためには、local dimming zoneが画素数だけ必要だが、LEDのサイズ縮小の限界によって、今年販売されるmini-LED TVはlocal dimming zoneが1,000〜3,000製品になるだろう。駆動はPM方式である。

AM駆動のためにはTFT基板が必要である。まだ開発中であり、oxide TFTとLTPS TFTが使用される見込みである。

UBIリサーチは、今後mini-LED TVがOLED TVと画質を競争し、急成長すると予想して、本報告書を準備した。

このレポートには、mini-LED BLUに関連する技術的な内容と、コスト分析を通じたmini-LED TV市場の展望、サプライチェーン 3の部分で構成された。

Mini-LED BLU技術と開発状況とmini-LED BLU事業性を理解しやすく集約的に整理した。

目次
1. 概要

2. LCDとOLEDの競争
2.1 LCDの限界とOLEDの利点
2.2 OLEDのプレミアムTV市場掌握とLCDの生存戦略

3. LCD BLU技術
3.1 LCDの進化
3.2 BLU種類と構造
3.3 セットメーカーのBLU最新動向

4. Local Dimmingがなぜ必要なのか
4.1 Local Dimmingが必要な理由
4.2 Local DimmingとHalo Effect
4.3 Local Dimming Zone

5. Mini-LED BLU技術
5.1 Mini-LED Backlightが必要な理由
5.2 BLU構造と厚さの比較
5.3 LEDサイズ
5.4 Mini-LEDタイプ
5.5 Backplane種類

6. Mini-LED BLU製造工
6.1 POB/COB Type LED
6.2 COG Type LED

7. Mini-LED TV展示動向
7.1 TCL
7.2 LG電子
7.3 Changhong
7.4 BOE

8. Mini-LED応用製品
8.1 Mini-LED TV
8.2 Mini-LED Monitor & Notebook

9. TV用Mini-LED BLUコスト分析
9.1 コスト計算根拠と方式
9.2 65インチMini-LED BLUコスト分析

10. Mini-LED TV市場の展望
10.1 Mini-LED TVの価格見通し
10.2 セットメーカーMini-LED TV販売戦略分析
10.3 Mini-LED TV市場の展望
10.4 Mini-LED TVとOLED TVの競争

11. Mini-LED BLUサプライチェーン
11.1 サプライチェーン
11.2 企業別サプライチェーン
11.3 Mini-LED BLU関連メーカー

レポートサンプル

이전 보고서 현황