報道資料

報道資料

報道資料
フォルダブル用カバーウィンドウ市場の見通し
lexible OLEDとfoldable OLEDの最大の違いは、カバーウィンドウ素材である。価格競争力の面では、サプライヤーが、様々なCPIが優位にあるが、最終的には、今後のカバーウィンドウ市場は、サムスン電子とAppleがどの素材を選択するかによって決定されるものと思われる。サムスンディスプレ..
UBI RESEARCH2021-04-0214
2020年小型OLED出荷量は3.4%増加↑、売上高は2.8%減少↓
新型コロナとHuaweiの米国制裁はスマートフォン用OLED市場にマイナス影響を与えたが、Appleのiphone12の販売好調がスマートフォン用OLED市場にプラスに作用した。サムスンディスプレーは2020年にApple向けラインのY-OCTA改造を完了し、LTPO TFTは30Kになった。 20..
UBI RESEARCH2021-03-2211
2020年中大型OLEDの売上高40.2%成長
米国制裁によるHuaweiのスマートフォン生産減少によってサムスンディスプレイのRigid OLEDラインの稼働率が低くなると予想していたが、ノートブックの需要増大によってRigid OLEDラインがフル稼働すると予想される。また、来年から販売されるAppleのiPad用OLED生産に対応するために..
UBI RESEARCH2021-03-177
2020年OLED年間の実績の分析
2020年AMOLED総出荷量は5億7788万個集計された。2019年の出荷台数は5億5746万個に比べると2041万個増加した数値である。2020年に最初にリリースされたOLED応用製品は、自動車用のノートパソコン用の2つのである。応用製品別に分析してみると、市場が増加したのはfoldable O..
UBI RESEARCH2021-03-097
2025年mini-LED TV市場がプレミアムTV市場の大勢
LCDがさらに進化した製品が出現する。BLUにQD filmとmini-LEDが添加されて輝度とHDR、色再現性を大幅に向上させたLCDである。既存の最上位LCDはlocal dimming zoneが300〜500程度であるFALD(full array local dimming)BLUを使用し..
UBI RESEARCH2021-01-1014
OLED市場が急成長から調整期に突入
サムスン電子とアップルをはじめとするスマートフォンメーカーがフラッグシップモデルにOLEDの使用量を増やすに沿って急成長していたOLED市場の成長にブレーキがかかった。毎年3四半期は新型iPhoneの発売により、スマートフォン用OLED実績が最も良いシーズンである。UBIリサーチ(www.ubire..
UBI RESEARCH2020-12-076
QNED 商品化一歩近づいた
今回の報告書は、サムスンディスプレイがQNEDに関連して出願した特許の中で、2020年10月2週目まで公開された94件を精密分析した内容で構成されている。上半期には41件の QNED 特許を分析した。追加で確保された特許では、驚くほどの技術的な進歩が確認された。Backplaneは7T2C TFTで..
UBI RESEARCH2020-11-139
2021年にリリースされるサムスン電子のフォルダブルスマートフォン、タッチペン搭載とUTG厚異なりますが
劉備リサーチが最近発刊した「2020 OLED部品素材報告書」によると、2021年にリリースされるサムスン電子の次世代フォルダブルスマートフォンは、ペン機能が搭載されると予想される。9月に発売したサムスン電子の「Galaxy Z Fold2」にペンの機能が追加されることと期待を集めたが、ペンの機能を..
UBI RESEARCH2020-10-264
2020年上半期OLEDの実績の分析
今年1月から全世界に拡散された新型コロナは、OLED産業にも悪影響を及ぼしたことが分かった。UBIリサーチ(代表取締役イチュンフン)の[2020年OLEDディスプレイ半期報告書]によると、2020年上半期OLED全体出荷量と売上高は、それぞれ2.31億個と132億ドルであり、前年同期の出荷台数2.3..
UBI RESEARCH2020-10-1910
持続するコロナ悪材料の中、2020年の下半期OLED市場の売上高107%上昇の見通し
UBI Researchが発行した「2020下半期OLED Displayレポート」によると、2020年上半期OLED全体出荷量は2億3100万個に2019年下半期3億2600万個に比べて9500万が減少し、上半期の売上高は135.3億ドルで、昨年下半期211.8億ドルに比べて76.5億ドルが減少し..
UBI RESEARCH2020-10-055