報道資料

報道資料

投稿を読む
件名サムスン電子、「Galaxy Z Fold3」に新技術の適用に技術格差より得られる。2021-07-21 12:57
作成者

UBIリサチで最近刊した「2021OLED部品素材報告書」によると、サムスン電子の今年8月に発売すると予想される」Galaxy Z Fold3」には、UPCunder panel camera)とpol-less(あるいはcolor filter on encapsulationCOE)、Sペン技術が新たに適用されるものと思われる。

 

まず、フロントカメラを面の下に位置させて、スマトフォンのフルスクリンを装する技術であるUPCは透明PI基板を使用、レパタニングなど複の技術が記載されたが、最終的には、カソド電極をレでパタニングして、カメラ付近の解像度とは異なりして可能な限りの透過率を確保したものと思われる。透明PI基板はTFTの高いプロセス度により、量産工程に適用されなかったものと分析される。

 

偏光板をカラフィルタと低反射技術で置き換える技術pol-lessは、多くのパネルメが開したが、偏光板だけの外光反射防止果を見ず、適用できなかった。偏光板は、外光の反射防止には果的や、OLED光層から生する光の量を50%以上低減させる。偏光板を削除すると、同じ電力でより多くの光を外部に放出することができるので、同じ輝度を装する場合、バッテリの消耗を減することができる。サムスンディスプレイはカラフィルタと低反射フィルム、ブラックpixel define layerPDL)を適用してpol-less技術を装したものと思われる。

 

Sペンは、最終的にelectro-magnetic resonanceEMR)方式が適用され、UTGも前作に使用された30 um厚の製品がそのまま使用されると思われる。金製のデジタイザの柔軟性の問題のためにデジタイザが必要ないAES方式も討がされたが、最終的には、パネルの面にデジタイザがそれぞれ位置するようにSペンが適用されるものと予想される。

 

今回刊された「2021 OLED部品素材報告書」は、フォルダブルOLED動向だけでなく、モバイル機器の開動向、TV用素材の開動向などを収録しており、モバイル機器とTV用素材の市場の見通しを扱ったので、連企業に大きな助けになると予想される。

 

<’Galaxy Z Fold3’ Expected Structure ©2021 UBI Research>